RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • GATH 供KANSAI ORIGINALSPIRIT 2010 会場風景
    星山 (10/11)
  • GATH 供KANSAI ORIGINALSPIRIT 2010 会場風景
    ●川陽子 (10/09)
  • GATH 供  孱横娃隠闇度 ムーンストラック公募 新進作家展 第2回 選抜作家展覧会」 作家紹介 2    MOONSTRUCK presents Emerging Artists Exhibition at the HYATT 2010 vol.2
    管理人 (05/19)
  • GATH 供  孱横娃隠闇度 ムーンストラック公募 新進作家展 第2回 選抜作家展覧会」 作家紹介 2    MOONSTRUCK presents Emerging Artists Exhibition at the HYATT 2010 vol.2
    yutaka fujimoto (05/18)
  • GATH 供ヾ鎧拇検(神22年 寅 本日最終日 午後6時まで 作品紹介 5 The sexagenary cycle exhibition 2010 Tiger worx 5
    星山 (01/10)
  • GATH 供ヾ鎧拇検(神22年 寅 本日最終日 午後6時まで 作品紹介 5 The sexagenary cycle exhibition 2010 Tiger worx 5
    南港住人 (01/10)
  • GATH 供.リスマス展 作品写真 その1  Christmas Exhibition worx pix 1
    星山 (12/20)
  • GATH 供.リスマス展 作品写真 その1  Christmas Exhibition worx pix 1
    南港住人●川 (12/20)
  • GATH 大池麻衣子 個展 「楽園」 本日ハイアット最終日 午後3時まで
    hoshiyama (11/02)
  • GATH 供PEACE SUMMER 2009 「PEACE展」作家&作品
    管理人 (09/03)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

MOONSTRUCK

http://blog.gathp.com/
ソウル SPACE inno にて開催中の「韓日交流展 7WAYS」本日最終日
0
    午後三時まで。


    盛況のうちに最終日となりました。

    海外の旅行客や、この展覧会をご覧になるために日本からおいでになられたお客様もいらっしゃいました。




    作家、関係者写真です。
    (すべての写真提供・嶋津晴美さん)












    嶋津 晴美 

    A Part of the Earth


     蜜蝋画 (小作品 三点)
















    李 仁愛 LEE In Ae

    The Story Of Trees

    韓国紙 WATER PRINT




















    成 仁製  Sung In Jae

    Everyone has their own time

    水彩
















    Cho Eun Young

    Dear bird, Dear bird, The Memory of Orchid

    中国インク 韓国紙




















    金 知賢 Kim Ji Hyun

    Deja-vu

    Mixed media on cloth















    | 韓国 ソウル | 12:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    SEOUL PHOTO 2010  ギャラリー・アット・ザ・ハイアット 写真ドキュメント 1 設営   (写真 楠本 涼 )  SEOUL PHOTO 2010 GALLERY AT THE HYATT document 1 set up  all pix by Ryo Kusumoto
    0























































































      | 韓国 ソウル | 02:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      ソウル 本日午後5時よりSPACE inno にて「韓日交流展 7WAYS」のオープニングパーティーを開催します
      0
        ただ今 ソウルのギャラリーエリアで最も有名なインサドン(仁寺洞)、そのメインストリートの真ん中に位置するspace innoにて「韓日交流展 7WAYSが開催されています。


        7名の作家は日本からはギャラリー・アット・ザ・ハイアットで個展をされたことのある三人の作家の方々で


        吉川 絵依子 ヨシカワエイコ  油 


        對馬 有輝子 ツシマユキコ   油 金箔使用 


        嶋津 晴美  シマズハルミ   素材 エンコスティック(
        蜜蝋、ダンマル樹脂、顔料)



        韓国からは


        Kim Ji Hyun

        Sung In Jae

        Lee In Ae

        Cho Eun Young

        です。


        本日午後5時よりオープニング パーテイーを開催します。
        日本からはムーンストラック主宰 星山と作家・嶋津晴海さんが出席します。

        ソウルフォトで「ギャラリー・アット・ザ・ハイアット」ブースで出展されている写真家の方々もお見えになられます。

        インサドンのメインストリート中央に7WAYSの旗が立っています。







        「韓日交流展 7WAYS」

        主宰 MOONSTRUCK

        於 space inno
        期 間:2010年4月28日(水)〜5月4日(火)
        時 間:11:00AM〜6:00PM(最終日12:00PM)
        場 所:韓国ソウル市鐘路区寛勲洞185 人徳B/D 2F(サムジキル向かい側)
        アクセス:地下鉄3号線安国駅6番出口より徒歩5分
        TEL:02-730-6763
        オープニングパーティー
        4月30日金曜日5時



        In INSADONG ,space inno now there is a exhibition called 7WAYS KOREA 4 + JAPAN 3 until May 4th.

        Today we have an opening party from 5:00pm - 6:30

        | 韓国 ソウル | 07:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        SEOUL PHOTO 2010 Gallery at the HYATT より出展する作家紹介  6  益本 絵美花 SEOUL PHOTO 2010 Artist 6 Emika Masumoto
        0




          Emika Masumoto

          益本絵美花の写真の美しさは鮮やかな色彩と神秘的な光である。その鮮やかな色はまるで何層も重ねられた絵具のようである。益本が創造する世界はphotoshopで制作されるが彼女がつくる世界は写真というよりも絵のように感じられる。制作する際には自分が見る被写体と一体感をもてるように無意識の領域を解放すると益本は言う。そしてコンピューターのスクリーン上で意識を研ぎ澄ませながら作品をしあげる。その闇と光から浮かびあがる色彩の
          うねりに見る者は驚らかされる。


          The beauty of Emika Masumoto’s photography is the vivid colors and the mysterious light: the vibrant colors she expresses in her photos are like the colors made by layers of paint.
          She creates her world using Photoshop and yet, her creation is more like art than a photo. When she creates, she opens up her unconsciousness and tries to be physically a part of what she sees. She then uses her consciousness to finish her creation when she finally looks at her computer screen. Her creative process that comes from both sides of the consciousness gives her work spontaneity and an amazing appeal to any viewer whom are astounded by the array of
          colors coming from the dark and light.
          Selected Exhibitions

          2009 Kobe Biennial Artistic Photo Exhibition(神戸ビエンナーレアート写真展)
            TAGBOAT Summer Awards Exhibition( TAGBOATサマーアワード展)
          2008 SKY & SEA PHOTO EXHIBITION, Guild Gallery, Osaka, Japan
          Onaeba, Contemporary Art Space Osaka, Osaka, Japan
          2007 La Meraviglia, Verona, Italy

          Awards
          2007 Verona Harmonized Beauty Award, La Meraviglia, Verona, Italy
          2001 Honorable Mention, Epson Color Image Contest, Tokyo,Japan




          今回、ソウルフォト初出展にあたり、以上6名の優れた写真家の方々とご一緒できるのは光栄です。


          ムーンストラック代表 星山と、キュレイター金光は明日からソウル入りです。



          なお、SHOPは4月28日水のみ、午後2時〜午後6時の営業となります。



          | 韓国 ソウル | 08:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          SEOUL PHOTO 2010 Gallery at the HYATT より出展する作家紹介  5 楠本 涼  SEOUL PHOTO 2010 Artist 5 Ryo Kusumoto
          0



            Ryo Kusumoto

            楠本 涼の写真は毎日の生活で我々が見逃しがちな美を見せてくれる。
            大阪の地下街から外国の歴史ある町なみまで、
            楠本は我々がもしもっと注意部書く観察していたならみつけることができる普遍的な美のイメージ、
            を捉えてくる。どこに行くのかは彼のインスピレーションで決定され、
            そしてその場所について事前に詳細に調べる。 
            そのプロセスは被写体を理解しその潜在的な可能性を引き出すために
            不可欠とされる。 そしてその場所におりたつと、
            その場所の一部となり写真で捉える一瞬を我慢強く
            まつ。 楠本の作品にはリズムとそのリズム規則性を壊す要素が含まれる。
            その規則性とカオスの間にあるバランス感覚が見る者に暖かさと何らかの結びつきを感じさせているのだ。

            Ryo Kusumoto’s photography shows the beauty we often ignore in our daily lives. Everything from underground shopping centers in Osaka to historical cities and foreign countries, he captures images of universal beauty; one we can also be perceptive to if we are observant.
            Ryo travels all over the world to capture his beautiful images. He inspirationally decides on a place he would like to go, and thoroughly researches about that place. It is important for him to understand his subject in order to draw out its full potential. During his visit he tries to be part of the place and waits patiently for the perfect moment to come to capture on film. His pictures contain a certain rhythmical order and also elements that break some of that order. Perhaps, because of this balance between order and chaos, the viewers feel a certain connection and warmth to the images.

            ■展覧会履歴
            2008 アップクリエイト concert in photo展 → 宮崎県
            2008. メリケン画廊 PHaT Photo(風・街・光)展 → 兵庫県
            2008. 81Lab gallery Now Here Nowhere 展 →大阪府
            2008. Soho art gallery 「Art Sarad 展」 → 大阪府
            2007. Izumo gallery 「クラスメイト 展」 → 東京都

            ■受賞履歴
            2010.1 よみうり写真大賞 2009年度 佳作(ヒロシマの原爆祈念)
            2009.9 よみうり写真大賞 2009年8月度 佳作(ヒロシマの原爆祈念)


            Selected Exhibitions
            2008 “Concert in Photo Exhibition” Up Create, Miyazaki, Japan
            2008. PHaT Photo(Wind・City・Light)Exhibition, Meriken Gallery, Hyogo, Japan
              “Now Here Nowhere Exhibition”, 81Lab gallery, Osaka, Japan
            . “Art Sarad Exhibition”, Soho art gallery,Osaka, Japan
            2007. “Class Mate Exhibition”, Izumo gallery, Tokyo, Japan
            Awards
            2010 Honorable Mention, Yomiuri Photo Grand Prize Competition, Tokyo, Japan
            2009 Honorable Mention, Yomiuri Photo Grand Prize Competition, Tokyo, Japan
            | 韓国 ソウル | 06:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            SEOUL PHOTO 2010 Gallery at the HYATT より出展する作家紹介  4  松本 ヤスアキ  SEOUL PHOTO 2010 Artist 4 Yasu Matsumoto
            0




              Yasuaki Matsumoto


              世界が暗く静かな時、一滴のしずくが音も無く落ちる。そしてそれが水面に着水し、
              そこから何かが始まる.静かではあるが強い感情を呼び起こす松元康明のつくる世界である。 
              松元の写真は我々のイマジネーションを刺激し、普段の生活では体験し得ない意識の領域へといざなう。
              松元は彼の心によぎる言葉やフレーズ、そしてヴィジョンから作品のイメージをつくりだす。
              その忘れることができない夢の中でみたイメージのような彼の作品世界へと、見る者は簡単に引きずり込まれる。
              松元 康明は東京をベースとするフリーランスの写真家。
              サンフランシスコ アート インスティテュートで写真を学び日本とアメリカで個展・
              グループ展に数多く開催している。

              When the world is quiet and dark, a water drop falls without any sounds.
              It breaks on the surface of a puddle and something starts from there.
              That is what Yasuaki Matsumoto set up in his works.
              Quiet but strong feeling viewer can feel from his pictures. His photos stimulate our imagination
              and bring us to the different domain of consciousness which we usually do not experience in our daily life.
              He creates the images from the word, phrase, or vision he flashed into his mind. His image is poetic and nostalgic. Viewer can be easily dragged into his creation because they are like unforgettable images from the dreams we have.
              Yasuaki Matsumoto is a free-lance photographer based in Tokyo, Japan. He studied photo at San Francisco Art Institute, in California. He has been actively involved into participating solo and group exhibitions both in Japan and U.S.A.
              Selected Solo Exhibitions
              2008 “oam”, ZAIM, Yokohama, Japan
              2006 “glimpses of the world”, Art Space Motor, Tokyo, Japan
              2005 “森の車輪:cogwheel of woods” Art Space Motor, Tokyo, Japan
              2003 “one-I” Art Space Motor, Tokyo, Japan
              2001 ”oam”, Club Six, San Francisco, U.S.A.
              2000 “one” Diego Rivera Gallery, San Francisco, U.S.A.
              “one”, Omicron Space, Oakland, U.S.A.
              Selected Group Exhibitions
              2004 “Reflecting Buddha Exhibition” Art Commission Gallery, San Francisco, U.S.A.
              2003 “Reflecting Buddha Exhibition”, Pasadena Museum of California Art, L.A., U.S.A.
              Collection
              Keyset Art Museum 清里美術館
              | 韓国 ソウル | 07:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              SEOUL PHOTO 2010 Gallery at the HYATT より出展する作家紹介  3  石原 眞澄 SEOUL PHOTO 2010 Artist 3 Masumi Ishihara
              0






                Masumi Ishihara
                PROFILE

                石原真澄は東京をベースに活躍するフォトアーテイストである。
                1996年にUNO女性写真家大賞において優秀賞を授与し、それ以降、展覧会、本の出版など積極的にこなす。
                2004年、日本文化庁新進芸術家海外留学派遣研修員としてアメリカへ留学。
                サンフランシスコでLinda Connor教授のもとで西海岸の写真家のクリエイティビティーについて研究を行う。
                現在、ピンホール写真を主なメディアとして制作を行う。
                光とその被写体の周りに存在する感じることはできるけれど目には見えない世界を
                デリケートなタッチで捉えることが彼女の写真に深みを与えている。
                サンフランシスコ日本領事館や東京ポラロイドギャラリーなど多くのギャラリーでイクスヒビションを行っている。



                Masumi Ishihara is a photo ? artist based in Tokyo. She received Award of Excellence from UNO Female Photographer Grand Prize Competition in 1996. After that she actively involved in a lot of exhibitions and published her books. In 2004 with a Japanese government scholarship she received, Masumi did a study of “Creativity of West Coast Photographers” with Professor Linda Connor in San Francisco.
                She uses pin-hole photo as her main media now. Her delicate touch of capturing the light and perception of invisible world behind the scene give her photo a lot of depth. Her works have been exhibited in many galleries including the gallery at Consulate General of Japan in San Francisco and Polaroid Gallery in Tokyo.

                ARTIST STATEMENT
                私にとって写真とはその物を動きのある何かにすることです。
                私はそれを”光で描くこと“と言呼んでいます。
                写真で私が捉えているものは私と被写体の間に存在する空気、光、
                そしてそこに振動するエネルギーなのだと思います。


                My concept of photography is to make the object into something with motion. I call it “Drawing with Light”. I try to bring out the true essence of subjects that are not easily seen by sight. Instead of just taking a picture of them, what I capture through taking photos is showing the invisible things between I and the subject; air, light, or the energy vibrating there.

                イメージワーク表現アートインスティテュート主宰

                写真家、フォトアーティスト Photographer、Photo Artist
                フォトセラピー ファシリテーター  Pototheraphy Facilitator
                ライフ クリエイター/Life Creator
                ヘルシークッキング研究家/Healthy Cooking Adviser

                ・成城短期大学卒業後、武蔵野美術短期大学でデザインを学ぶ。
                ・平成16年度文化庁新進芸術家海外留学派遣研修員として1年間アメリカ留学、
                  Linda Connor氏に師事。
                ・筑波大学大学院博士前期課程修了 修士(芸術学)
                ・現在筑波大学大学院博士後期課程
                  人間総合科学ヒューマンケア科学ヘルスカウンセリング学領域在学

                京都造形芸術大学非常勤講師(2006年4月より)
                東京総合写真専門学校非常勤講師(2008年4月より)

                日本写真家協会会員  
                写真芸術学会会員
                ピンホール写真芸術学会会員
                米国催眠療法協会認定催眠療法士
                マクロビオティック Kshi Institute Level1.2.3終了


                ・平成16年文化庁新進芸術家海外留学派遣研修員としてのアメリカ留学帰国後は、作品制作発表及び
                 大学、写真専門学校、ワークショップなどの講師、写真展のプロデュースを行う。

                プロデュース写真展
                ・「写真でできること」をキーワードに、2008年8月横浜ZAIMにて
                  芸術支援の実践として「PeaceWorks-こころとこころをつなぐもの」を企画、
                  38名の写真家の写真展を開催。 
                ・アート&クラフト展「MASH UP 2009」を四谷アートコンプレックスホールで開催。

                著書:写真集「光の神話」誠文堂新光社 2003年 
                   「9日間で自分が変わる フォトセラピー」リヨン社 2004年







                Selected Exhibitions

                Solo Exhibitions

                2008 “Ayatori”, ZAIM, Yokohama, Japan

                2005 “Mission St”, Roonee, Tokyo, Japan

                “Myth of Light”, French Consulate, Tokyo, Japan

                2003 “Myth of Light”, Roppongi Tokyo Random Walk, Tokyo,Japan

                   “Lost Garden”, Tokyo Photography and Culture Hall, Tokyo, Japan

                “Myth of Light” Akasaka Tokyo Random Walk, Tokyo,Japan

                “Myth of Light”, Polaroid Gallery, Tokyo, Japan

                2000 “Everlasting Water”, Daikanyama Gallery Olive, Tokyo, Japan



                Group Exhibitions

                2009 “Mash Up Art & Craft Fair” Yotsuya Art Complex, Tokyo, Japan

                2007 “Sunprint”, Roonee, Tokyo, Japan' 

                   Two parson Show, Pinhole Photo Art Society Founding Memorial Exhibition, Kyoto, Japan

                “ Gaudi’s Dream”, Gallery Engetsu, Tokyo, Japan  

                2006 “Thank you AX-70”, Roonee, Tokyo , Japan

                   “slow life and slow photo”, Hokkaido Higashigawa Culture gallery, Hokkaido, Japank企2004“Photo Therapy Exhibition”,Tokyo Photography and Culture Hall, Tokyo, Japan

                “Small Photo Collection by 15 Emerging Photographers”, Gallery HORI, Tokyo, Japan

                | 韓国 ソウル | 08:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                SEOUL PHOTO 2010 Gallery at the HYATT より出展する作家紹介  2  ノ・キョンファ  SEOUL PHOTO 2010 Artist 2 Yasu Suzuka
                0





                  バリ在住で、パリの大学教授をされている韓国人女性作家・ノ・キョンファ先生です。




                  NOH Kyung-hwa


                  B.F.A in Fine arts, Rennes University 2 , France / M.F.A in Fine arts, Paris University 8 , France /

                  Post Diploma in the Academy of Fine arts in Rennes, France /

                  Exchange professor of the Academy of Fine arts in Rennes, France

                  Selected Solo Exhibitions (interactive & multimedia installation)

                  2010: Gallery 89. Paris, France

                  2009 : Gallery at the Hyatt ,Osaka, Japan / Gallery Artda , Seoul, Korea

                  Seoul Artcenter, Korea / Na Lee Art Center, Gimpo. Korea

                  2008 : Gallery 89. Paris / MIZ Gallery. Seoul Korea / Na Lee Art Center, Gimpo Korea

                  2007 : , Na Lee Art Center, Gimpo, Korea

                  2006 : MIZ Gallery. Seoul, Korea

                  2005 : , University Paris 8 , France

                  2003 : Cloitre Gallery, France / Rennes University 2 , France

                  2002 : Quineleu Gallery, Rennes, France / Academy of Fine arts in Rennes, France

                  Selected Group Exhibitions (interactive & multimedia installation)

                  2010 : Song art gallery, Seoul / Museum Abattoits, Toulouse, France /, Coex./

                  Coex / Museum Boutique Monaco, Seoul / Korean Cultural Center, Tokyo, Japan/

                  2009 : Museum Abattoits, Toulouse, France / , Coex Indian hall /

                  The korean socienty of media & art. Guro artsvalley, Seoul / SETEC. Seoul /

                  2008 : Museum Whanki, Seoul / Gallery Bahrom, Seoul / Museum University Kyungpook, Daeku, Korea /

                  , Coex Indian hall /

                  2007 : , Insa Art Center, Seoul, Korea /

                  2005 :
                  1997 : Cambridage Gallery, New York / Oniva Gallery, Paris / Sun Gallery, LA, USA /

                  1990 : Museum Kwhanhoon, Seoul, Korea /
                  | 韓国 ソウル | 07:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  SEOUL PHOTO 2010 Gallery at the HYATT より出展する作家紹介  1  鈴鹿芳康 SEOUL PHOTO 2010 Artist 1 Yasu Suzuka
                  0




                    作品とコンセプト


                    Yasu Suzuka のテーマは『再生・共生・平安』である。
                    Yasu Suzuka の目指す表現は、目に見えるモノと目にみえないコトの全ての相関と統一性である。それは人間が自然のなかで、生かされると感じる「必然と偶然」の織りなす意味の探求である。
                    前世紀は、科学と技術の急激な進歩をもたらしたが、その一方で、欲望が異常に肥大し、人類はいまだかってない危機に直面した。
                    国家・民族・宗教のはてしない対立と悲しむべき争いの連続であった。
                    もし我々の未来にとって、さらに芸術が求められるとするならば、まず人間が生きることはなにか、その根本に生命とはなにか、さらに地球上に生存する人類の共生について、根源的な問題に思いを向けなければならない。
                    その作業はまず、人間が古代から今日にいたるまで、万物の一つとして、全体と調和して生かされてきた事実を謙虚に認めることから始まるであろう。
                    Yasu Suzuka の制作は、東洋の思想と精神を創造の基盤に置きながら、その為の表現がいかにして結実するか模索しながら、具体的な造形を探し求める、とどまることのない追求の諸相である。


                    Yoshiyasu Suzuka


                    1947年 神奈川県に生まれる
                    1966-1968年 多摩美術大学油絵科で学ぶ
                    1973-1975年 京都市立芸術大学版画研究室講師
                    1975年 フルブライト研究員奨学金を得て
                    サンフランシスコ・アート・インスティテュート写真科留学
                    1984-1991年 京都芸術短期大学助教授
                    1991年? 京都造形芸術大学教授
                    2002-2007年 京都大学客員教授(学術情報メディアセンター)
                    現在 ピンホール写真芸術学会会長
                    日本写真芸術学会理事
                    イワクラ学会理事
                    東京工芸大学客員教授
                    受賞・奨学金
                    1968年 日本版画協会展新人賞
                    1969年 日本版画協会展協会賞
                    国際青年美術展・日本文化フォーラム賞
                    1974年 芦屋川国際ビエンナーレ展第2席
                    1975年 フルブライト研究員奨学金
                    1978年 日本クラフトコンペ特別賞/京都デザイン協議会賞
                    1989年 京都芸術新人賞
                    1993年 京都現代写真作家展優秀賞
                    1994年 京都市美術展グランプリ(版画部門)
                    1997年 今立現代美術紙展'97・日本紙アカデミー賞
                    1999年 全国和紙画展(アート部門金賞)
                    2000年 キャノンデジタルクリエーターズコンテスト・佳作賞
                    2002年 日本写真芸術学会芸術賞
                    2004年 日本写真芸術学会特別賞
                    アルル国際写真祭ディスカバリー賞
                    パブリックコレクション
                    東京国立近代美術館(東京)
                    京都国立近代美術館(京都)
                    東京都写真美術館(東京)
                    大阪府立現代美術センター(大阪)
                    埼玉県立近代美術館(浦和)
                    清里フォトアートミュージアム(清里)
                    東京工芸大学写大ギャラリー(東京)
                    京都造形芸術大学(京都)
                    京都府
                    ポラロイド・ジャパン(東京)
                    ポラロイド・コーポレーション
                    (マサチューセッツ アメリカ)
                    ジョンソン・コレクション
                    (ウィスコンシン アメリカ)
                    コンセプトアート美術館
                    (サンフランシスコ アメリカ)
                    アリゾナ大学センター・フォー・
                    クリエイティブ・フォトグラフィー
                    (ツーソン アメリカ)
                    サンフランシスコ近代美術館
                    (サンフランシスコ アメリカ)
                    ヘンリー・プール・コレクション
                    (ニューヨーク アメリカ)
                    群山大学現代美術研究所(群山 韓国)
                    西安インスティテュート・オブ・
                    ファイン・アーツ(西安 中国)
                    出版物
                    1990年 『YASU SUZUKA』GALLERY MIN




                    Yasu Suzuka’s Artwork Concept
                    The main concepts of the artwork created by the artist, Yasu Suzuka, are
                    "rejuvenation, symbiosis, and peace."
                    He contemplates a depiction of the correlation between visible objects and invisible things, and makes this his quest for the meaning of "coincidence and consequence," which he cites as evidence of why we, human beings, live under the control of nature. In the past century, the world has seen many extraordinary changes, such as great advancements in science and technology, but, in contrast, it has also been beset with chaos and tarnished by the acceleration of self-centered desires. This has often resulted in a number of unending confrontations and lamentable conflicts between countries, races and religions. If works of art continue to be desired, we need to consider the essential issues for the peoples of the earth first, such as why we live and what life means to us. The important thing is to humbly admit the indisputable truth that we have been living through symbiosis as one small part of the whole of creation, from ancient times to the world of today. Yasu Suzuka continues his quest through the creation of a style of artwork based on Oriental philosophy and spirituality.


                    Yoshiyasu Suzuka

                    1947 Born in Kanagawa Prefecture
                    1966-1968 Studied oil paintings at Tama Art University
                    1973-1975 Instructor on the Printmaking Course, Kyoto City University of Arts
                    1975 Studied in the Department of Photography, San Francisco Art Institute (USA) on a Fulbright Scholarship
                    1984-1991 Associate professor at Kyoto College of Art
                    1991? Professor at Kyoto University of Art and Design
                    2002-2007 Visiting professor at the Academic Center for Computing and Media Studies, Kyoto University
                    Present Director of Pinhole Photographic Art Society
                    Board member of The Japan Society for Arts and History of Photography
                    Board member of The Iwakura Institute
                    Visiting professor at Tokyo Polytechnic University
                    Awards & Scholarships
                    1968 New Comer's Prize, Japan Print Association Exhibition
                    1969 Japanese Culture Forum Prize, 5th International Young Artist Exhibition
                    Grand Prize, Japan Print Association Exhibition
                    1974 2nd Prize, 2nd International Biennale Ashiyagawa Exhibition
                    1975 Fulbright Scholarship
                    1978 Special Prize, Japan Craft Competition /
                    Kyoto Design Council Award
                    1989 Kyoto City Artist Award for New Emerging Artists
                    1993 Excellence Award, Kyoto Contemporary Photographers Exhibition
                    1994 Grand Prize, Kyoto Art Exhibition (Printmaking Category)
                    1997 Japan Paper Academy's Prize, Imadate Exhibition of Contemporary Paper Art Works
                    1999 Gold Medal, Exhibition of Japan Contemporary Japanese Paper Art Works
                    2000 Special Merit Award, Canon Digital Creators Contest
                    2002 Annual Award, The Japan Society for Arts and History of Photography
                    2004 Special Award, The Japan Society for Arts and History of Photography
                    The Arles Discovery Award
                    Public Collections
                    The National Museum of Modern Art, Tokyo, Japan
                    The National Museum of Modern Art, Kyoto, Japan
                    Tokyo Metropolitan Museum of Photography, Tokyo, Japan
                    Osaka Contemporary Art Center, Osaka, Japan
                    Saitama Museum of Modern Art, Saitama Prefecture, Japan
                    Kiyosato Museum of Photographic Arts, Yamanashi Prefecture, Japan
                    Shadai Gallery, Tokyo Polytechnic University, Tokyo, Japan
                    Kyoto University of Art and Design, Kyoto, Japan
                    Kyoto Prefecture, Japan
                    Polaroid International, USA
                    Polaroid Japan, Tokyo, Japan
                    Polaroid Corporation, Massachusetts, USA
                    Johnson Collection, Wisconsin, USA
                    Concept Art Museum, San Francisco, USA
                    Center for Creative Photography, University of Arizona, Tucson, USA
                    San Francisco Museum of Modern Art, San Francisco, USA
                    Center for Creative Photography, USA
                    Henry Poole Collection, NY, USA
                    Institute of Contemporary Arts, Kunsan National University, Kunsan, South Korea
                    Xian Institute of Fine Arts, Xian, China


                    | 韓国 ソウル | 10:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    SEOUL ソウル・インサドン「ギャラリー・イノ」にて開催される韓日交流展「7 Ways」のパンフレットです。
                    0

































                      information


                      ソウル・インサドン「ギャラリー・イノ」にて
                      韓日交流展「7 Ways」開催


                      於 ギャラリーinno
                      期 間:2010年4月28日(水)〜5月4日(火)
                      時 間:11:00AM〜6:00PM(最終日12:00PM)
                      場 所:韓国ソウル市鐘路区寛勲洞185 人徳B/D 2F(サムジキル向かい側)
                      アクセス:地下鉄3号線安国駅6番出口より徒歩5分
                      TEL:02-730-6763
                      オープニングパーティー
                      4月30日金曜日夕方(時間未定)

                      火水木金土(韓国の美術大学教授や大学院生グループ)
                      から4人

                      日本から

                      吉川絵依子 油 ヨシカワエイコ

                      對馬有輝子 油 金箔使用 ツシマユキコ

                      嶋津晴美 素材 エンコスティック(
                      蜜蝋、ダンマル樹脂、顔料)シマズハルミが参加。

                      ギャラリー・イノはソウルのTOPギャラリー街
                      インサドンのまん中に位置する有名なギャラリーです。
                      オーナーは美術評論家のチャン氏。
                      ギャラリー・イノの階上3階は、
                      写真ギャラリーとして名高いギャラリー・ラックスです
                      | 韓国 ソウル | 07:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |