RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • GATH 供KANSAI ORIGINALSPIRIT 2010 会場風景
    星山 (10/11)
  • GATH 供KANSAI ORIGINALSPIRIT 2010 会場風景
    ●川陽子 (10/09)
  • GATH 供  孱横娃隠闇度 ムーンストラック公募 新進作家展 第2回 選抜作家展覧会」 作家紹介 2    MOONSTRUCK presents Emerging Artists Exhibition at the HYATT 2010 vol.2
    管理人 (05/19)
  • GATH 供  孱横娃隠闇度 ムーンストラック公募 新進作家展 第2回 選抜作家展覧会」 作家紹介 2    MOONSTRUCK presents Emerging Artists Exhibition at the HYATT 2010 vol.2
    yutaka fujimoto (05/18)
  • GATH 供ヾ鎧拇検(神22年 寅 本日最終日 午後6時まで 作品紹介 5 The sexagenary cycle exhibition 2010 Tiger worx 5
    星山 (01/10)
  • GATH 供ヾ鎧拇検(神22年 寅 本日最終日 午後6時まで 作品紹介 5 The sexagenary cycle exhibition 2010 Tiger worx 5
    南港住人 (01/10)
  • GATH 供.リスマス展 作品写真 その1  Christmas Exhibition worx pix 1
    星山 (12/20)
  • GATH 供.リスマス展 作品写真 その1  Christmas Exhibition worx pix 1
    南港住人●川 (12/20)
  • GATH 大池麻衣子 個展 「楽園」 本日ハイアット最終日 午後3時まで
    hoshiyama (11/02)
  • GATH 供PEACE SUMMER 2009 「PEACE展」作家&作品
    管理人 (09/03)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

MOONSTRUCK

http://blog.gathp.com/
<< 21日 前半 パフォーマンス集団 KoPAS(Korean Performance Art Spirits)オフィスにて主宰者夫妻とビジネスランチ | main | クリスマス展 干支展 公募の詳細をアップしました。 >>
ソウル最終レポ KIAF2008
0



    今回拠点になったソウルの江南(カンナム)地区は、1980年代に始まった韓国の経済成長のシンボルとも言えます。

    中でも、金融、流通、IT、国際会議などあらゆる分野の中心が集中しているのが三成洞(サムソンドン)で、サムソンドンの目玉が今回KIAFが開催されたCOEX(コーエックス)です。

    アジア最大級の大型複合施設で、約3万6千万坪という巨大面積を誇り、2000年にオープンしました。

    ショッピングエリア、フードエリア、映画館や水族館のあるアミューズメントエリアなどに分かれ、この他、デパートやホテル、免税店、コンベンションセンターとも直結し、ショッピングから観光、グルメに宿泊、飛行機の搭乗手続きまで全てできてしまうところです。
    また一昨年には韓国最大の外国人専用カジノがCOEX近くにオープンし、さらに注目度がアップしています。

    そのCOEXの誕生の2年後の2002年からここでスタートした韓国のアートフェアKIAF。
    地域、COEXの人気とともに着々と成長し、アジア最大級のアート・イベントになりました。

    7年目の「KIAF2008」は20カ国218の画廊(116の韓国画廊と102の海外画廊←日本からも17画廊)が参加し、国内外で活躍する現代アーティストを中心に、5000点を超える秀逸の作品が勢揃いしていました。







    機能的な大きくて美しいホールに、ゆったりとした感じでまわれました。

    今回はLEE教授の計らいでゲストパスをもらい(時間があれば釜山ビエンナーレ、ソウル・ビエンナーレにも行ったらよかったのに、と言われ、次回はもっと回れるように手配してくれるとか。いやいや今回もすごいですって、たったの二日なのに・笑)日本語が完璧なギャラリストを紹介されました。








    ギャラリストの彼によると、やっぱりサブプライムの問題でアメリカ、中国の投資家、コレクターが激減し、昨年の半分の数字も売り上げが伸びないようだ、と。(中国のアート・フェアでも同じ現象のようだ、と)

    しかし私が見る限り、どのギャラリーも大量に売約済みとなっていました。

    ペさんが

    「韓国人が買うから。
    最近韓国では若い人たちも本物の作品を買う」

    とのこと。

    一昨日のプログで触れた税金の優遇制度がやはり大きいと思います。









    確かに若い人たちがたくさん来ていました。




    今回お世話してくれたLVS GALLERY / エルビス・ギャラリーの出展作家の作品です。
    (エルビスには女性作家が一人もいないとのこと。オーナーは女性ですが)




    提携をしている北京の画廊で彼の作品が完売になったという若手韓国人作家。
    色々なカラフルな飴の絵を描いています。





    Tシャツのタッグで作られた作品。





    マレーシアと北京のギャラリーと提携を結んでいて、この作品は中国人の人気作家によるもの。
    原画ではなくプリントもので、一つの作品に25人の弟子が共同作業しています。



    最後はこのギャラリーの一押しの韓国人作家。




    かなーりリアルに人体の皮膚や皺が生きているほどの感触を持ち、ちょっとじっと見ていたら鳥肌たちました。


    この作品もプリントものも150万円という数字が標準でした。



    今回、アート・バブルがはじけてきている現状を見て、これからはいい作家がちゃんした評価を受けるようになると強く感じたのと同時に、一人の作家が100号だろうと全て一人でちゃんと描きあげる日本の作家の作品の質の良さ、そしてなかなか評価されずに低価格を余儀なくされてきた中、今後は日本のアーティストたちが海外で、日本よりも海外で評価されはじめるのだなあ、と改めて思った次第です。



    以上がソウルでのアートなレポでした。



    | GATHPグッズ | 08:30 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |









    http://blog.gathp.com/trackback/724782
    ブログで見る、韓国のアートフェアKIAF2008の結果
    9月19〜23日まで韓国・ソウルで開かれていたアートフェアKIAF(Korea International Art Fair)。Survivartでは、今年3月に事務局長のチョン・ジョンヒョさんにソウルでインタビューを行いました(インタビュー録はまもなく公開予定です)。今回はちょうどリーマン破綻
    | Documentary Movie Project "Art and Money" by Survivart | 2008/10/08 4:30 PM |